映画と料理と日常生活の事に付いて書いています


by salsalgod
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

デッドゾーン

クローネンバーグ監督でスティーブン、キング原作。
未来が予測出来たらと言う発想の元に書かれた小説をどう映像化するか。
古い映画だから、それなりに画面が荒いのは仕方がないにしてもこの映画はある意味カルト性を持った作品だとも言える。主人公はディアハンターのクリストファー、ウオーケンである。少し演技的に臭い部分もあるがそれを差し引いてもよく出来た作品だと思う。でもこの手の作品が嫌いな人は嫌いなんだろうな。
その人に触れると未来が見えるなんてハッキリ言ってあまり持ちたくない超能力ではないか。
それを防げるならともかく、見えた未来をどうするかと主人公は思う。しかし最期の方で少年が溺死するシーンがあるが、それを彼は食い止めるのだ。と言う事は見えても未来は買えられると言う訳である。
結構御都合主義で作られた映画だと言えばそうなんだけど、クローネンバーグの色が出ているので私は好きだった。ザ、フライほどえぐくないけどそれはそれでいいと思った。
[PR]
by salsalgod | 2009-10-14 15:20