映画と料理と日常生活の事に付いて書いています


by salsalgod
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アフタースクール

一度劇場で見た作品。
だましたと思ったらだまされていた。かなりひねった映画である。

会社の黒い癒着。そして、、、、。見れば見るほど新しい発見があるかも。
ぼ〜と見てても分からないのでじっくりみることをお勧めする。

久しぶり見ても面白かった。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-29 21:25

全然大丈夫

荒川君が主演の映画である。最初はお化け屋敷の映画だと思っていたがほのぼのした、少し道を外れた人間達のとても心地よい話だった。特に木村佳乃の演技は面白かったなあ。
顔がきれいだからその分ドジな役は違和感あるかなと思ったら以外とはまっていた。

荒川はカロリーメートのCMに出ててとぼけた味があるがこの映画でもそのスタンスは健在である。
なかなかいい役者だなと思ったのがココリコの田中君である。
顔半分が赤い人のいい男を演じている。

他にも蟹江敬三やキタロウも出ている。友達役の岡田君の演技も人が良くて気持ちよかった。
また見たいと思う。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-29 18:38

アカルイミライ

黒沢清の作品である。
屈折した青春の形を映画化している。猛毒のクラゲはいったい何なのか。

それは彼ら自身だった。真水に住む様にしても所詮海に帰っていくクラゲ達。
この映画はかなりメッセージ性の強い作品である。

モノクロっぽい映像に赤くひかるクラゲが印象深い。
大好きな作品である。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-28 06:55

ターミネーター4

 どうしようかと思っていた作品だったので遅れた。監督があのチャーリーズエンジェルのMACGと言う事もあった。そしていざ映画が始まると思いっきりのめり込んでしまった。

過去に戻って、子供の父親になって死んだはずの父と未来で出会う息子。なんか頭がおかしくなるけど、そんな事はさておいてアクションは凄い。どことなくマッドマックスしている荒涼とした風景。

そしてT-800から襲われるジョン、コナー。私はこの映画で一番好きなシーンはバイクのシーンである。
とにかく迫力十分。そして空中から教われるシーンや大型ターミネーターのシーンも大迫力。

そして最後はこうこうくるかと言う終り方。あれって死にそうになったジョン、コナーの心臓をもう1人の人間だと信じていたターミネーターがあげて助けて終ると思う。そして最後のセリフは戦争はこれからだであのいつもの音楽が流れエンディング。ダークナイトも凄かったが、これはその上をいく。

今年見た中ではベストの映画である。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-26 20:06

ターミネーター3

1と2は何回も見ているので、3をじっくり見た。
次は女のターミネーターである。液体金属なので2のターミネーターと同じなんだけど最強らしい。
3はターミネーターファンの間では駄作呼ばわりされている。確かにインパクトは弱い。
しかしそれなりにアクション場面はあるのだ。ようはこう言う映画はストーリー云々よりはそう言う場面がどれくらいかるかである。まあトランスフォーマーみたいなすごいシーンがいっぱいあっても飽きてくることもあるんだけど。

いくら敵のターミネーターが頑張っても1と2があるのでインパクトは弱い。
でも頑張って作っている事だけは認めていいと思う。

ある意味1と2は見飽きたので新鮮な気持ちで見たら面白いと思う。
まだ4は見ていないが、復習にはなると思う。

それにしてもシュワちゃんからいついつに殺されてしまうって分かるジョン、コナーって嫌だったんだろうなあ。
アッサリした顔してたけど。クレア、ディーンズが相手役で出ていたが魅力なしだった。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-25 11:09

MU


ムー。朝日生命ホールの試写に当たった。淀屋橋の12番出口を出て右に曲がってすぐのところにあった。
しかしすぐに入る事は出来なくて、しばらく外で待たされた。そしていざ中に入ると狭い階段に並ばされた。
中に入ると、座席は奇麗なんだけど、見にくく出来ていた。入り口からすぐ左側に行くとドアがあるのでそこから入ると一番前の席をゲット出来る。一番前じゃないと前の頭が邪魔になると思う。スクリーンは小さいからみにくい事はなかった。我々は一番前の右側の通路側を取った。

いざ映画が始まったが、何かよく分からない。石橋凌が出ている事自体怪しい感じがした。
玉木宏は痩せて悪役をやっている。山田孝幸は牧師の役で出ていた。MWとは島民を全滅させた神経ガスの事でサリンの数十倍の威力があると映画では説明されていた。この映画は玉木の復讐である。
いつもいい役しかしていないので少し違和感があったが、頑張っていた。山田はほとんど活躍しない。

最後は次回作をにおわせて終っているが、私の勘ではもう出来ないと思う。
あまりに不親切な作り方をしているからだ。でもパンフを買ってる人がいるところを見ると満足した人も少なからずいると言う事である。

帰ったら仲間由紀恵のごくせんがまた当たっていた。
[PR]
by salsalgod | 2009-06-25 10:21