映画と料理と日常生活の事に付いて書いています


by salsalgod
カレンダー

2009年 07月 06日 ( 2 )

エヴァンゲリオン序

これはテレビ版の焼き直しである。
コンパクトな分美味しい取りで、興奮は存分に味わえる。

戸惑うシンジ。身体を傷つけながらも戦う綾波レイ。
この時点ではどこかでシンジはレイに母親の面影を見ていたのかもしれない。

最終目的の人類捕獲計画とはいったいなんなのか。
今劇場破をやっている。なかなか面白そうである。
[PR]
by salsalgod | 2009-07-06 22:19

深呼吸の必要

見終わった後こんなにすがすがしい意気持ちになる映画だとは思わなかった。
都会から沖縄に一ヶ月位の間でサトウキビを刈る為に若者5人が集まる。
最初はもちろん慣れないので、先輩に注意され戸惑いながらも頑張る。しかしその中の1人の女性が文句たらたらである。サトウキビを刈ると言うのに化粧がどうとか水が足りないとか言う。そして嫌になったので島を出ると迄言う。しかし誰も止める者もおらず、仕方なく彼女は島に残る。理由が実はよく見えなかった。

恋愛があると言う訳でもなく、ただ淡々とサトウキビを刈るだけの映画なんだけど、少しずつ仲間意識が芽生えて来る。この人たちを世話するお父さんとお母さん役の人がいい味出している。
昔ドラマであったちゅらさんを思い出した。

そして最後は残ったキビを刈って終る。それだけの映画なんだけど見終わった後のすがすがしさはもの凄く感じられた。
[PR]
by salsalgod | 2009-07-06 20:57