映画と料理と日常生活の事に付いて書いています


by salsalgod
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

着信あり

秋元康の原作は全然面白くなかったが映画はそこそこいける。
自分の電話に自分の番号でかかって来る。それは死の予告電話だった。
まるでリングみたいな話である。きっとあれをパクった事は明らかだである。そんなのりで作られた映画だけど、これが思った以上に面白く出来ている。特に堤真一が出て来た辺りから俄然面白さが増す。
結局正体は怨念だったと言うありふれたオチだし、柴崎コウがキャー、キャ−言ってるだけの映画と言えなくもないが見ている間中飽きなかった。着信2とファイナルもあるし次はテレビで2があるので楽しみにしている。
[PR]
by salsalgod | 2009-07-26 12:20